《ENG-Sub》ロールしない!? ソアラ アクティブサス【Best MOTORing】1991

《ENG-Sub》ロールしない!? ソアラ アクティブサス【Best MOTORing】1991

ENTRY CAR
TOYOTA SOARER Active Suspension(V8・4ℓモデル)
TOYOTA SOARER 2.5GT Twin Turbo(直6・2.5ℓターボモデル)

・3代目(Z30型)ソアラは1991年5月7日に発表され、全国のトヨタ店およびトヨペット店で発売されていました。

・当時のキャッチコピーは「ロマンと先進性を追求した 新世代スーパー・グラン・ツーリスモ誕生」

・ボディサイズは先代に比べてひとまわり大きく(全グレード3ナンバーサイズに)なり、このモデルから北米で先行展開されていた「LEXUS」ブランドの「レクサスSC」として(ソアラとしては初めて)海外へ輸出されるモデルへと成長しました。

・最上級4.0GTリミテッドには、アクティブサスペンション仕様車も設定。これは「世界で初めて全くコイルばねのないハイドロニューマチック(油空圧)式アクティブコントロールサスペンション」で、車体の振動やロールなどの姿勢変化を抑え、操縦性/走行安定性と乗り心地を高次元で両立した。とメーカは宣伝していました。

・発売当初は搭載エンジンを、セルシオにも搭載された4リッターV8の1UZ-FE型、および2.5リッター直6ツインターボの1JZ-GTE型の2種類で販売を開始していましたが。後に3リッターエンジンの追加(最終モデルは4ℓモデル廃止やターボのシングル化など)され、発売期間約10年で約5万台が販売されました。

ソアラカテゴリの最新記事