平成元年 AE92後期 レビン&トレノ登場!!【Best MOTORing】1989

平成元年 AE92後期 レビン&トレノ登場!!【Best MOTORing】1989

6代目カローラセダンや2代目カローラFX(3ドアハッチバック)とともに発表/発売になったAE91/92型は、カローラレビンおよびスプリンタートレノとしては5代目のモデル

<搭載エンジン= 4種類>

【排気量1.5ℓ(モデル型式:AE91)】

① 直列4気筒NA キャブ仕様 5A-F型

② 直列4気筒NA EFI仕様 5A-FE型

【排気量1.6ℓ(モデル型式:AE92)】

③ 直列4気筒NA 4A-GE型

④ 直列4気筒SC(スーパーチャージャー) 4A-GZE型

 

※ 当時のカタログでは、1.5リッターモデルを「ハイメカツインカム」、1.6リッターモデルを「スポーティツインカム」と掲載

 

・このモデルからFF(前輪駆動)化され、先代モデルに存在していた3ドアが廃止されたこと(2ドアのノッチバッククーペのみ)も大きな変更点

・スプリンタートレノはヘッドライトにリトラクタブル式を採用、カローラレビンは固定式、というデザインの違いは先代AE86と同じ手法

・ワイド&ローのエレガントなスタイルは、当時人気のあった2代目ソアラを彷彿とさせ「ベビーソアラ」などと呼ばれ大ヒット。先代モデルにあたるAE86があまりにも伝説化されているが(当時FF化されたことで販売に悪影響が出たのではないかと思われがちだが)実はこのAE92レビン、結果として歴代カローラレビンのなかで最も販売台数が多かった事実はあまり語られていない

カローラカテゴリの最新記事